パリ最大級のパワースポット:奇跡のメダイユ教会

パワースポット旅行記 第1弾

日本のパワースポット、正確にはイヤシロチやスカラー場と言われる場所は、必ず何らかの歴史的背景があって、それが言い伝えや口コミとなり世間に伝わって行くと思います。

歴史好きな自分にもすごく興味深い場所。

フランス・イギリス旅行中の現在、訪れたパワースポットで特に印象深い場所がありました。

パリ 奇跡のメダイユ教会

パリのサンジェルマンデプレから西に歩いて、世界最古のデパート「ボンマルシェ」の裏手にあるカトリックの教会です。

身につける人々を病から守り、幸運をもたらす「不思議のメダイ」。
その昔、神父は「このメダルは身につけた者を正しい方向へ導く」と言って、信者に渡していたそうです。

これを身につける人がどんどん幸せになっている。そんな噂が人々の口コミで伝えられました。

そうしてこのメダル(メダイ)を手に入れようと、今でも世界中から信者が訪れる聖地となったのです。まさに「パワースポット」。

このメダイユが作られた背景。
1830年、若い修道女カタリナの前に聖母マリア様が現れました。マリア様が広げた両手の指先からは美しい光が漏れ、半球の台座に立っていました。

「この光景をモデルにしてメダルをお作りなさい。信頼を持ってメダルを身につける者は、恵みを受けるでしょう」マリア様の声がしました。

修道女カタリナは神父にこのことを伝え、神父はまず最初に作った2千個のメダルを配布し始めました。

時代は激動の1832年、当時パリでは恐ろしい疫病コレラが大流行していましたが、メダルを手にした人々には回復がもたらされ、それ以来「奇跡のメダル」と伝わるようになったそうです。

メダイを売ってくれる修道女は、90歳近い元気なおばあちゃん。首からメダイをぶら下げ、顔はイキイキしていました。メダイ効果で元気なのかもしれません^ ^

とっても素敵な教会で、温かい雰囲気の優しさが、教会全体を包んでいるように感じました。

「場の空気」に感動したサクレクールとモンサンミッシェルの教会では、冷んやり凛とした神聖さを肌でビンと感じました。それとは少し違ってこちらのメダイユ教会は、温かな雰囲気に包まれています。庶民により近い感じです。

マリア様のパワーをもらい、温かいやさしい気分になる教会でした☆

アクセス

140 Rue du Bac, 75007 Paris, フランス